杉山大二郎(すぎやまだいじろう)

1966年東京生まれ。従業員1万人超のIT企業において、経営幹部として販売力強化やセールスプロモーションの統括責任者を務めていた。SFAやCRMによる実践的営業革新分野では、日本国内の第一人者である。独立後はコンサルタントとして多くの大手企業をクライアントに持ち、講演会や研修講師として全国を飛びまわる傍ら、作家としても小説の執筆を手がける。
著書にビジネス小説『至高の営業』、『ザ・マネジメント』(ともに幻冬舎)がある。
音楽グループのAAA(エイベックス所属)のデビュー11周年記念ドキュメント小説『あのとき、僕らの歌声は。』(幻冬舎)では構成を担当し、74,500部(14刷)のベストセラーとなる。
近著は、若き日の織田信長を描いた歴史小説『嵐を呼ぶ男!』(徳間書店)。